2013年03月20日

春分の日

春分の日は、国民の祝日に関する法律では、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日となっています。また、よく「昼と夜の長さが同じになる。」と言われていますが、実際のところは昼の方が長いようです。日本では、年により差があるものの平均すると約14分昼の方が長いそうです。理由は、大気差、太陽の視角、日周視差などいろいろなことが重なっているようです。

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 07:55| 福島 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。